« GW後半その2 | トップページ | 焼きもの »

2007/05/10

マナーの問題だけじゃないかも

北海道のローカル線のできごと
ある駅で
通勤通学のラッシュ時に
デッキに高校生が溜まっていて
乗車できなかったんだと

報道は高校生のマナーが悪いといっているけど
どーなの?!
朝の通勤時にワンマンで
ひと駅で55人も乗車だよ
ワンマンだと乗車できるドアは一つ
ちょっと無理があるのでは
>JR北海道さん

秩父別駅 客26人乗れぬまま発車 JR運転士「奥に詰めて」 デッキの高校生ら動かず

 九日午前七時四十分ごろ、空知管内秩父別町のJR留萌線秩父別駅で、増毛発深川行き普通列車(一両編成、定員六十四人)に乗ろうとした乗客約五十五人のうち二十六人が乗り込めなかった。JR北海道旭川支社はタクシーで深川まで代行輸送した。同支社によると、車内に余裕はあったが、乗降口デッキ付近に大勢の高校生らがおり、乗車を妨げたのが原因という。

 同支社によると、秩父別駅到着時、車内には約六十人が乗車していた。同駅では約五十五人のうち約三十人が乗った時点でデッキ付近が込み合い、それ以上乗ることができなくなった。同駅は無人駅で、運転士がデッキ付近の乗客に車内奥に詰めるよう放送したが、高校生らは移動せず、発車時刻となったため客を残したまま出発したという。運転士一人のみのワンマン列車で車掌はいなかった。列車に遅れはなかった。
 列車には片側に二カ所乗降口があるが、ワンマン列車のため、運転席から離れた乗降口は閉じていた。この日は、特に乗車人数が多かったわけではないという。

 乗り切れなかった二十六人は高校生が中心だった。乗客を残したまま定時に列車が発車したことについて、同支社は「運転士が注意したが高校生らがどうしても動かず、お客さまを全員乗せて発車できなかった」と説明。「これまで同様のトラブルはなかった。学生のマナーが問題」とし、同日、留萌線沿線の高校などを訪問し乗車マナーの徹底などを呼び掛けた。同支社は年数回、乗車指導を行っているほか、今月十四、十五日に沿線の学校を回って乗車マナー向上をPRする予定だった。

|

« GW後半その2 | トップページ | 焼きもの »

独りごと」カテゴリの記事

コメント

残すという前提では大して単価の高くない高校生でも「大切なお客様」ですが。対札幌の都市間輸送は特急バス、観光輸送も札幌に近いにもかかわらず、SL運行さえ維持出来ない程度。加えて今回、子どもだけでなく口は出すが日頃助ける気は無い沿線の大人(しかも教師!!)がいると分かった今、JR北海道がやせ我慢までして残す理由も無いと思いますが。今は廃止の手間も減ったので、いっそ列車は増結大サービスで乗車率急降下、運行コストは急上昇で、心置きなく廃止の届出をするのがよろしいかと。

投稿: | 2007/05/11 15:00

乗車数の統計を見る限り特定区間以外極端に人が少ない様です。ワンマンなのでのりづらいのは事実かと思いますが乗れない人数ではないでしょう。路線自体が赤字路線ですからコストの追加負担をするならともかくそうでないなかでいたずらに快適性だけを言ってコスト負担はしないという子供じみた発言自体信じられないというのが都会に住む人間の感覚です。
また朝の通勤電車ですが次は90分後です。地元民周知の事実。さらに数回車内放送もしています。それなのに協力しないで駅で乗客があふれて乗れない。
それでも入り口にたむろする学生を擁護すべきなんですかね?到底そうではないでしょう。

投稿: じぇいあーる | 2007/05/11 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW後半その2 | トップページ | 焼きもの »