カテゴリー「たび」の48件の記事

2011/09/13

夏たび満腹TOUR(9月3日~4日)

010
笑撃的な1枚からスタートです。

今回は、tomoをSLに乗せようと企画した旅です。
当初は往復電車の水上温泉泊を考えていましたが、
そういえば、あそこへ行ってみたいとトンネルを越えることにしました。

宿は難なく取れたのですが、
ひと月前のSLと風っこもぐらの指定席が全く取れません。

取れたのは帰りSLのみで、
しかも席は通路側バラバラです。

当日は台風の影響で雨です。
かろうじて新潟県は晴れているものの、
湯沢地方は大雨洪水警報が出ています。
宿直行に予定を変更です。

048
道路から見ると大きなお寺みたいな建物が見えましたが、
それが秘湯O沢館でした。
国道から少し走っただけなのに、
秘湯ムードが漂っています。

065

066

067
そして、この宿のお楽しみの1つに、
館内食べ放題があります。
焼き芋に始まり、
桃、トマト、きゅうり、お餅、ちまき、アイスキャンディー、ところてん。。。。
宿に着くやいなやおやつタイムになったのは言うまでもありません。

そして温泉。
冒頭の恥ずかしい写真がそれです。
泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉と普通のお湯ですが、
日本百名山巻機山を眺めながらのお湯は開放感が半端ありません。
通路からの開放度もMaxですが。。。。

そして、もう1つのお楽しみは夕食時。
宿の主が銘酒八海山を持って宴席を回ってきます。
1人1杯ずつですが、
連れの分も頂きほろ酔い加減です。
夕食後囲炉裏にお邪魔すると、
主の面白いお話しを聞きながら、
さらに八海山が出てきます。

呑み過ぎたぁ。。。。

翌日は朝から2回お湯に浸かり、
酔いを醒まして出発です。

晴れてはいるのですが風が強く
予定していた湯沢高原はロープウエイが運休です。
SLの時間までかなりあるので、
時間つぶしにこんなところこんなところへ寄って時間を稼ぎます。
お昼にへぎそばを食し、
トンネルを越えます。

さて、今回の旅の目的第2弾、SLです。
tomoがSLに乗るのは、
秩父のパレオに地次いで2回目ですが、
当時はまだ1歳半前だったので覚えていません。
今回はしっかりと記憶に焼きつけて欲しいものです。

243

273
そうそう、ボクには指定席がありませんでした。
tomoと他のメンバーが乗ったSLは、
出発してしまいました。

そして車で追いかけるボク。。。。
途中でSLの写真でも撮れればと思っていたのですが、
全然追いつけませんでした。

後から考えると、
高速で一気に行けば良かったんですけれどね。

という、
夏のひとコマでした。


| | コメント (0)

2009/01/21

一応出張ですTOUR~九州編~

12月1日、
とりあえず仕事を切り上げて向かった先は羽田空港です。
内幸町から都営三田線に乗り、
浅草線に乗り換え、
京浜急行で羽田空港に入ります。
空港で少し呑みたかったのですが、
20時をまわると、大半のお店は閉まっていました。
既にJALやANAは出発便をほとんど終えているから、
仕方が無いのですが。

Ca380552
私が乗るSFのカウンターは一番端っこにありました。

2135→2320

初めてのSF、
驚いたことに革張りのシートに、
すべてのシートにモニター付きです。
安いのに素晴らしいですね。
Ca380554_3

北九州空港に初上陸です。
この空港、
最近できたようで、
海上も海上、海の真ん中の空港です。
夜中に飛んでも文句は言われませんね。

その分アクセスは悪くなります。
バスに揺られ、
ホテルに着いたのは0時を回っていました。

とりあえず、
4日間は出張になりますので、
詳細は省きます。

| | コメント (0)

2009/01/02

一応出張ですTOUR~その4~

あっという間に最終日です。
お休みはあと1日残っているのですがね。

函館と言えば朝市ですね。
早々にチェックアウトし、
朝市に向かいます。
朝市にはどんぶり横丁なんてのができており、
どうやらリニューアルしたようです。
北海道新幹線が開業すると、
今の函館駅は通らないので、
どうなるんでしょうか。
Imgp2156
聞いたことのある名前のお店に入り、
刺身定食を注文します。
以前なら美味い×2と食べるのですが、
先日の激旨トロと比較してしまうと。。。。
舌が肥えてしまったのかなぁ。

N産レンタカーで車を借ります。
今日の相棒はM-チ、
そうです、今日はコレを使っての秘湯巡りになります。
まずは一湯目、
厚沢部を抜けて日本海側に出て、
平田内温泉は熊の湯に向かいます。

「昔から行ってみたかったんだよねぇ。」

が。。。。
現地に到着すると、
想定外の文字が!?

「11月1日から冬季閉鎖」

うそッーーーーー
P1040384
コレはまさに考えもしなかった出来事。
でもさぁ、
閉鎖されてもお湯は出ているのでは?
という微かな期待を胸に先に進みますが、

Kumanoyu2
お湯はカラカラでした。。。。

でも、
この景色、というかロケーションは素晴らしいのひと言です。
ここはいつの日かリベンジしなければならないでしょう。
と、どうしようと、
ツーリングマップルと相談します。

?!混浴

奥ピリカ温泉にターゲットを定めます。
車をふっとばし国道から山道に入ろうかという交差点に、
その文字はありました。

冬季閉鎖中

ヲィ
とうさん、北海道の冬の厳しさを忘れていました。。。。

ようやく探し出したお風呂はコチラになります。
P1040401
N川温泉のS栄館、
ひなびたイイ温泉です。

せっかくだから昼食に「いかめし」でもと思い、
森駅に立ち寄りますが、

ナント売り切れ

ツイていないときはほんとツイていないものです。

0001_2
紅葉がわずかに残る大沼公園を経由し、
とりあえず寒くても食べなければならないコレを食します。
Ca380521

さて、そろそろ戻ろうかと、
ナビで函館駅を検索すると、
なぜか山を越えるルートを指します。
ツーリングマップルで確認みると、
行けなくはなさそうなので、
とりあえずナビに従ってみると、

0001
なかなかイイ風景のところを走ります。
ナニやら裏函館山と言われているようです。

レンタカーを返却し、
列車まで一時間ほどありますので、
そうそう、
あのお店に行ってみましょうか。
観光案内所で場所を確認すると、
結構近くにあるではありませんか。

キタ歴結構長いつもりでいますが、
ぢつはハジメテになります。
Imgp2207
有名なやきとり弁当をテイクアウト

駅に戻りお土産を適当にチョイスし、
16時51分発の白鳥32号でキタを後に。
あっという間のキタの大地でした。

「さようなら、ほっかいどー」

Ca380523Ca380522
次はいつ来られるでしょうかね。

| | コメント (0)

2008/11/08

一応出張ですTOUR~その3~

さて、同僚とはここでお別れし、
いよいよnoritours的たびが始まります。

Imgp2078
宿のバスで山を下り青森駅へ。
これから先どうなるかわからない青森駅を目に焼き付けます。
Imgp2082
八甲田丸も大分くたびれてきましたね。
ちなみに今年は青函連絡船100年目だそうです。

Imgp2084
1001発のS白鳥で蟹田駅に向かいます。
連休初日ということで自由席は満席、
20分ちょっとなのでデッキでガマンします。
蟹田駅で1158発の津軽線に乗り換え、
目指すは三厩駅です。
この辺りになると車内のテツ分はかなり高濃度ですね。
ボクもそのひとりかもしれませんが。

Imgp2121
三厩駅です。
超ローカル線の終着駅ですが、
ちゃんと駅員がいるのには驚きです。
乗り潰しの関口君の足跡も残っていました。

Imgp2122
バスに乗り換えここからさらに北を目指します。
点々とした漁村を縫うように走り、
最後はググッと高度を上げて、
終点竜飛崎灯台に到着です。

Imgp2126
まず目に入ったのは石川○ゆりさんの碑。
真ん中の赤いボタンを押すと大音量の「津軽海峡冬景色♪」。
そういえば、
この旅のはじまりも上野発の夜行列車でしたね。
青森駅には雪はありませんでしたが。

階段を登ると竜飛崎灯台があり、その先が岬の先端です。
Imgp2130
遠くに見えるのはほ、ほっかいどうですな。

そうそう、
ここには日本で唯一の階段国道もあります。
Imgp2136
ただの階段ですが、なぜか国道です。

Imgp2151
再び津軽線に乗って戻りますが、
普通に戻っても仕様が無いので、
チョット変わった乗換えをやってみようと思います。
P1040357P1040365_2
JR東日本の津軽二股駅から、
JR北海道の津軽今別駅へと、
ミラクルな乗り換えになります。
なんでこんなヘンテコな乗り換えができるようになったんでしょうかね。

P1040367
乗り換えるのは1日に2本しか止まらない白鳥です。
竜飛海底駅でたくさんの見学者が乗り込んできました。
彼らの格好、ヘルメットにライト、
そして工事現場の人が付けているビブスのようなものを身に着けています。
何か非常に楽しそうなことができそうなニオイを感じますね。
今度行ってみましょうか。

P1040370
青函トンネルを抜けるとそこは北海道、
木古内駅に到着です。
売店で早速クラシックを購入します。
それを持って江差線の完乗に向かいます。
P1040380
既に外は真っ暗、単なるピストン往復になってしまいましたが、
一応完乗は完乗ってことで。
そんなんで函館に着いたのは9時半過ぎ、
さすがに乗り疲れました。

Ca380519_2
とりあえずホッケ!
大門の居酒屋で独り反省会です。
結構呑んじゃったなぁ。。。。

ちなみに今宵の宿は2800円です。
部屋の幅イコールベットの幅ですが、
ボクは全然気にならないんですよね。
まぁ、明日も朝早いですから。

| | コメント (0)

2008/11/03

一応出張ですTOUR~その2~

仕事終わりました。
さぁ、帰りましょうというのではnoritours的ではありませんよね。
ハイ、もちろん泊まります。
しかも、
現場が八甲田、
○ヶ湯温泉の近くなんです。
コレはボクが行くしかない出張ですよね。
もちろん宿泊はコチラになります。
P1040331
以前に来たのは21歳の頃ですから、
かなり久しぶりになりますが、
全然変わっていません。

まだ時間がありますので、
近くの秘湯巡りでもしますか。

P1040351
1湯目はつ○温泉です。
ぶなの木の浴槽の底から湯が湧き出しています。
なぜか浴室に水槽があります。

P1040352
日本三秘湯の1つ○地温泉
フロントで他の2つについて聞いてみると、
トカラ列島の鬼界ヶ島の東温泉、
新潟の湯の平温泉」だそうです。
知らなかったですね。
熱いお湯とぬるいお湯の2種類があり、
ご丁寧にぬるいお湯に浸かってから熱い方に入るようにと、
注意書きがあります。
そうそう、
この温泉宿は一度潰れて7月から経営者が変わり再開したそうです。
以前は○浴だったんですが。。。。

2湯も入るといい感じで疲れます。
あっ、仕事で疲れたのですが、
今宵の宿に帰ります。

P1040353
食事も部屋食です。
ついつい呑み過ぎてしまいます。
いつものことですが。。。。

Imgp2067
お湯はもちろんサイコーです。
ただ、最近マナーが悪いのか、
その旨のチラシが目立ったのが気になりましたね。
いやぁ、
翌朝まで何回浸かったでしょうか。

おまけ画像になります。
Imgp2073
綺麗になっていましたよ。

| | コメント (2)

一応出張ですTOUR~その1~

出張で青森に行く機会に恵まれました。
しかも連休に絡めることができます。
この仕事ガマンして続けて良かったとです。
こうなりますと、
やっぱり旅の行程にはこだわりたいですね。

30日、21時過ぎ上野駅です。
Imgp1992
同僚は前日に新幹線入りしているのですが、
私はこの日まで研修所に缶詰なので間に合いません。
ということはコレですね。
Imgp2005Imgp2007
この3月にいくつかのブルトレが無くなりましたが、
この列車も新幹線の延伸を控え先が読めませんからね。
今のうちに乗っておきましょう。
去年乗ったような気もしますが。。。。

Imgp2017Imgp2042
今回は下になります。
ホームから丸見えですので、
ビール並べていると恥ずかしいですね。

発車前に車掌が改札にきました。
今宵は満席だそうです。
テツな方もちらもらいらっしゃいますが、
普通に仕事や旅行なんて方が多いですね。
ボクもそうですし(笑)
毎日がこうなら廃止は免れるのですが。

独り車窓を眺めながら晩酌していると、
そのうちウトウトと。。。。

秋田辺りで目が覚めたでしょうか。
でも起き上がるには至らず、
グタグタと床の中から車窓を眺めます。
東能代駅で五能線を見送り、
前回降りた大館駅を通過し、
弘前で岩木山を眺めながら青森駅を目指します。
すると巨大な建造物が見えてきました。
Imgp2052
新青森駅だと思われます。

そうこうするうちに終点に到着です。
Imgp2059
新青森駅ができるとどうなるのでしょうか。
さて、仕事に向かいます。
一応仕事できましたから。

| | コメント (0)

2007/09/20

しばらく

ボクの近況はコチラでご確認ください

| | コメント (0)

2007/09/12

しまなみツアー準備その1

070912_19110001_2
買ってしまいました
ツーリングマップル九州

しまなみ海道そのものは2日もあれば堪能できるので
その後は道後温泉、佐田岬を周って
九州に渡ろうと予定しています

その昔、九州を縦断したことがあるのですが
そのときは凄かったです
日豊本線の竜ヶ水駅が流されたときの集中豪雨です
その最中をおバカな学生はのんきに走り
集中豪雨のつめ跡残る鹿児島市に着いたものの
街は断水しておりエライ目にあった記憶があります

果たして今回はどうでしょうか
あの頃と違って台風来たらすぐ逃げますが。。。。

| | コメント (2)

2007/09/04

社員旅行その後

リアルタイムで更新する予定でしたが
携帯の充電し忘れという初歩的なミスを犯してしまいました

喜多方ラーメン後どうしたかといいますと
まず向かった先は桧原湖です
070902fukushima018
そう、M氏の携帯探しです
岸辺に漂着していないか探したのですが
残念ながら見つかりませんでした
また湖が凍った頃に探しに来ましょうかね

この日の桧原湖ですが
妙にジテンシャノリが多いと思ったら
翌日はこんな大会が行われたようです

続いて沼尻温泉に向かいます
温泉街を抜けてスキー場をグイグイ登り
林道の終点からは登山道を登ります

070902fukushima019
登ること30分くらいでしょうか
開けてきました
070902fukushima031
硫黄の香りと流れるぬるま湯
そうここが本州のカムイワッカとも言われる?!
沼○元湯です
070902fukushima028

秘湯を存分に楽しんだ後は
本日の宿に向かいます
こちらも日本秘湯を守る会会員の新野○温泉です
070902fukushima040
久しぶりににごり湯を満喫しました
生憎の雨模様でしたが。。。。
それが逆に露天風呂に入るお客さんも少なく
独り占めできたのは良かったですね

この宿温泉はともかくとして
料理やサービスは期待していなかったのですが
中々どうして
うちの社長も満足の宿でした

| | コメント (0)

2007/08/31

社員旅行

明日からnoritoursの社員旅行です
社長が忙しいので
土日を利用して1泊の温泉旅行になります

喜多方ラーメン食べて
秘湯に泊まってといういつもの?!コースです

たびの模様は
リアルタイムに更新してみましょうか

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

たび | レース | 備忘録 | 独りごと | 鉄ちゃん | 食道楽 |